ちょっと税金の話
ジュニアNISA 

 2016年にジュニアNISAというものが開始されたことをご覚えていらっしゃいますでしょうか。これは未成年の子どものための「少額投資非課税制度」で、子どもの資産形成をサポートすることをコンセプトにした税制優遇の金融商品です。具体的には、親や祖父母が子や孫の名義にて証券口座を開設し、毎年80万円までの上場株式等への投資に対する配当や譲渡益が非課税(5年間)となる制度です。
  
 ただ、この制度はメリットだけはなく、18歳未満で運用資金を払い出すと過去の運用益に対して課税されるという大きなデメリットがあったため、あまり普及はしなかったようです。その結果、2023年に廃止が決定されました。しかし、廃止が決定された今、逆に人気商品となっています。

 なぜならば、2023年に廃止が決定されたことにより、廃止後の2024年以降は18歳未満で運用資金を払い出しても運用益には課税されず、自由に引き出すことができるようになったからです。
 さらに、改正前において非課税期間は5年間だけでしたが、改正後は成人になるまで、非課税で運用できることとなりました。

 廃止が決定されたことにより、とても使い勝手が良くなったジュニアNISAですが、資金的に余裕があり、生前贈与を利用しながら、お子様の資産形成をお考えの方は、このタイミングで 開設を検討されてはいかがでしょうか。

鳥海 明子
文責
税理士鳥海 明子
カテゴリー
最近の記事
月アーカイブ
© 2024 Japan Creas Tax Corporation